BLOG ブログ

初開催! 田植え(手植え)体験会!

初開催! 田植え(手植え)体験会!

はじめに

◎――――――――――――◎

わずか3ヵ月で!

「英語」と「自信」を手に入れ、

可能性を広げよう!

◎――――――――――――◎


英語コーチ

北岡真衣です。


先の週末に、
ずーーーっとやりたかった、
田植え(手植え)体験会を開催しました😊


土曜日に開催なのに、
その週の月曜日に声をかけるという。。。

そんな急なお誘いにもかかわらず、

大人10名
子供15名

も参加してくれました👏



2時間という短い時間でしたが、
本当に楽しく、
やれた!という達成感もあり、

その日は、ニヤニヤしながら
眠りにつくことが出来ました😊



「やってみる!」って大事!
やってみて分かる事がある!


って心の底から思いました😌


そんな体験会、
・当日どんな感じだったのか、
・そして、なぜやろうと思ったのか、
・どうやって、「やってみる」=行動
 出来たのか、

詳しくお伝えしたいと思います♪

体験会当日

体験会当日は、
週間天気予報では、
ずっと「雨」☔

朝方、まだ降っていた雨が、
10時開始時間前には、
すっかり上がり、
暑くも寒くもない、
最高の天候となりました👏


子供達メインで、
植えたのですが、

子供はもちろん、
大人も経験がゼロに等しいので、

まず植え方を教えるところから。


田んぼの中に入るのも、
初めての子が多く、

最初は、
「え~~~😯」
っと、躊躇する子が多かったです。

それでも、
入って、植えているうちに、
楽しくなったよう。

小学生低学年と幼児がメインだったので、

ドサッと苗が植えられていたり😂

ウネウネしていたり🥲

密度が高い場所があったり、


と、手直しが必要ではありますが🤣


それでも子供達は、
自由気ままに植えられたので、

終わってからの感想では


「稲とかを実際に触って、
 植え付けて...
 やってるうちに楽しくなってきた」

「稲を植えるのは初めてで、
 最初は難しかったけど
 だんだん楽しくなってきた」

「植えるのが楽しかった」

と、「楽しい🥰」の言葉が多かったです^^


また、田んぼにいる生き物(かえる🐸など)
との触れ合いも楽しかったようで、

「カエル探しが超楽しかった」
「カエルがたくさんいて🐸触れて嬉しかった」


そして、色んなことを敏感に感じていて、

「無農薬でどんな虫が食べに来るのか
 大きくなるまで
 ときどき見に行きたい」

「あれ全部植えるの大変だよね。
 お米ができるまで見張るのも大変だよね。
 今日のご飯はいつもより
 しっかりすごいと思いながら食べる」

という感想も。

本当にやって良かった!って思えた瞬間でした。


「経験」って本当に大事!!


また、参加して下さった親御さんからは、

「貴重な体験をさせてもらって
 本当にありがとうございます✨」

「お米や野菜など、作ってくださる農家さんがいるから
 美味しく食べられるってことを、
 これから勉強していく
 良いきっかけになりました」

「普段食べてるお米が
 できる過程を教える事ができ、
 親が1番嬉し有り難し」

と、これまた嬉しい感想で、
やって良かった~っと、
自分を褒めました😆

私の想い

冒頭に、
「ずっとやりたかった」
とお話しましたが、
なぜか。


ちょっと長くなるかもしれませんが、
お付き合い下さい😅



一番の理由は、
「気候変動」


温暖化とも言われますが、
人間の活動によって、
「温室効果ガス(CO2やメタン)」が
増え過ぎ、
気候に影響を与えているということ。

暖冬だけじゃなく、
逆に、冷夏や大雪、
ゲリラ豪雨やスーパー台風。


そして、
2030年がターニングポイント
なんて言われていますよね。

ある程度まで気候変動が進んでしまうと、
悪循環が加速して、
どうにもならなくなってしまう、
なんてこと、言われたりします。


そんな時、私はいつも考えるのが、
「子供達の世代、その先の世代」


コロナ渦で、
「運動会」
「演劇発表会」
「遠足」
「修学旅行」
「部活」

と、出来なくなり、
私たち世代とは違った、
子供時代を過ごしています。

このように、
気候変動も進んでしまったら、
例えば、
「外が暑すぎるから
 運動会はやりません」
「夏休みは3か月です」
「台風で1週間休みです」

なんてことが「普通」に
なってしまうかもしれません。


その中で私が出来る事、
と考えた時に、
「農業」
があり、

更に、

「1人の1歩より、
 100人の1歩」
という言葉の通り、

一人より二人でやろう!
と思い、

一緒にお米を作ってみよう!
農業を
大人にも子供にも知ってもらおう!

と、体験会をしたいと
思う様になりました。


(ちょっと脱線)
どれくらいの方が、
危機感を持っているのか
分かりませんが、

日本の食料事情は、
輸入にかなり頼っています。

食品そのものだけでなく、
育てる時に使う、
「肥料や農薬」
これらも輸入や石油に頼っています。

ということは、
有事(ロシアとウクライナの戦争など)、
物流の滞り、
不作による輸出停止、
などで、
あっという間に、
日本は危機的状況になり得ます。

日本の農業の実態は、
更に、危機的な状況です😭

平均年齢が65歳以上、たしか68歳。
後継者がいない
栽培技術の伝承が出来ない
遊休農地の拡大

と。

農地、特に田んぼは、
「水を溜める」という働きもあり、
大雨が降った時に、
川の氾濫を防いだり、
土砂が流れていってしまうのを防ぎます。



話を戻すと、
そんな想いがあって、
体験会を開催した、
ということです😌


そういう意味では、
少しでも農業に関わって、
子供達は色々と敏感に感じ取っていて、

本当に、やって良かった!
と思えた一日でした。

開催を実現、どうやった?

ここまで
「私の想い」を書きましたが、

開催は、今回が「初」です😅


毎年、やりたいなーと思いつつ、
・機械で植えちゃった方が速い
・天気が良いタイミングでやりたい
・声かけて、連絡のやり取り時間がとられる

など、
言い訳を並べて、
重い腰が上がらない感じでした。


じゃあどうやったか?


これ、かなりシンプルです。

ということは、
もし皆さんが何かしたいな~
でも。。。
って思っている事が、
簡単に実現します!



それは何か。


「予定を置く」
「予定を決めてしまう」

そして、

「宣言する」
「他の方に言ってしまう」

この体験会の場合だと、

「土曜日にやる!」
と決めて、
「友人にお誘いのメールする」

これだけです。


想像して頂くと分かると思いますが、
メールした時点で、
「やめる」
「中止」
「言い訳を探す」

という事が出来なくなり、
それよりも、

どうやってやろう?
という、
思考に変わります。


そうなると、
簡単に「開催」=目標達成
になります。


これ、夢だったり目標を
叶える時にも、
使えます!


英語コーチとして、
クライアント様の目標や夢を
サポートする時にも
使っています。

それもあって、
クライアント様は、
今までの学習方法や独学よりも
「早く」
英語力アップされています。


これ、
皆さん是非使ってみて下さい!

シンプルだけど、
強力ですよ👏



この体験会は、
これから

①「草取り」
(無農薬&無化学肥料栽培のため)

②「畔(あぜ)の草刈り」

③「稲刈り」

④「おにぎり作って食べる」

と、秋まで楽しんで
やっていきたいと思います🥰


また、様子をアップしますね!

最後までお読みいただきありがとうございます。

Thank you for reading my article again!

CONTACT
お問い合わせ

「英語コーチング」についての
ご質問またはご意見やご要望などは
お気軽に以下のフォームから
お問い合わせくださいませ。